消防法令の設備早見表と解説 | 初田防災

消防法令の設備早見表 消防法第10条(危) 危険物施設(消防法第10条)

消火設備の設置基準

〈消火設備設置の基本的考え方〉

著しく消火困難な製造所等、消火困難な製造所等及びその他の製造所等の設置
対象区分ごとに必要な消火設備は下記のとおり。(危険物政令第20条)

※消火設備は建築物、工作物、危険物の全てに有効となるよう設置する。
※1:給油所の内、メタノールを取り扱う給油所には、水溶性液体用泡消火剤を用いた第4種消火設備を用いること。

消火設備の適応表

(危険物政令別表第五) (第20条関係)

消火設備の区分 対象物の区分
第一類の危険物 第二類の危険物 第三類の危険物
第1種 屋内消火栓設備又は屋外消火栓設備          
第2種 スプリンクラー設備          
第3種 水蒸気消火設備又は水噴霧消火設備      
泡消火設備        
不活性ガス消化設備                  
ハロゲン化物消火設備                  
粉末消火設備 りん酸塩類等を使用するもの          
炭酸水素塩類等を使用するもの            
その他のもの                  
第4種
又は
第5種

(備考2)
棒状の水を放射する消火器          
霧状の水を放射する消火器        
棒状の強化液を放射する消火器          
霧状の強化液を放射する消火器      
泡を放射する消火器        
二酸化炭素を放射する消火器                  
ハロゲン化物を消火する消火器                  
消火粉末を放射
する消火器
りん酸塩類等を使用するもの          
炭酸水素塩類等を使用するもの            
その他のもの                  
第5種

(備考2)
水バケツ又は水槽          
乾燥砂    
膨張ひる石又は膨張真珠岩    

備考